So-net無料ブログ作成

なんか残念 [今日の気分]

せっかくいろいろ考えて投票したのに
世の中の人とは逆の考えだった。

まぁ、投票率は過去最低ということで
広く民意を反映した結果とは言いがたいが
それでもどうやら、さしくんは外れたようだ。

世間様は、どうやらちっとも懲りていないようだ。
放射能なんて恐くもなんとも無いとさ。
お金が大事だと。

そういえば今年の漢字も“金”だっけな。
キンなのか、カネなのか、或いはキムなのか、
どうやらカネだったようだ。

目先の事なんてなんとかなるんだよ、
それより、その先に取り返しのつかないことが起きる
要素が残っているんだ。

その昔ハインリッヒという人が言ったそうな。
以下Wikiから引用
幾千件もの「不安全行動」と「不安全状態」が存在しており、そのうち予防可能であるものは
「労働災害全体の98%を占める」こと、「不安全行動は不安全状態の約9倍の頻度で出現している」ことを
約75,000例の分析で明らかにしている。
なお、ハインリッヒは「災害」を事故と事故を起こさせ得る可能性のある予想外で抑制されない事象と
定義している。
上記の法則から、
事故(アクシデント)を防げば災害はなくせる。
不安全行動と不安全状態をなくせば、事故も災害もなくせる
(職場の環境面の安全点検整備、特に、労働者の適正な採用、
 研修、監督、それらの経営者の責任をも言及している)。
という教訓を導き出した。
引用おわり

1:29:300っていうのも有名だけど、この不安全状態を無くすことが
更に重要と思う。

このほか災害をひき起こす要因として、人の心の問題もあるが、これに
対処するのは、かなり難しいが、不安全状態はやる気次第で無くせる筈だ。

原発なんか即止めてしまえば、少しでもこの不安全状態は減ってくるし、
断層がどうのうとか、そんな無意味な論争に時間を浪費することもなくなる。
効率的で安全な廃炉方法を議論したほうが、よっぽど明るい未来に近づける。

大体、運転しながら十何ヶ月毎の定期メンテより、何十年間も毎日繰り返される
廃炉作業のほうが、よっぽど人手も必要だし、費用も掛かる。
仕事が無くなるどころか、増えすぎて困るくらいなのに
何を血迷ったか。自ら食い扶持を減らすとは。

選挙結果にあまりに愕然としたついでに、原発立地の地方はどうかとみてみたら
どこの地域も、動かしたくてたまらないようだ。

未だに帰れない人がいるって言うのに、どういうこと?
バカテレビの洗脳工作にうまく嵌ったもんだ。

もう少しの我慢がなぜ出来ないのか。
いや、我慢じゃないんだな、きっと。
ケツ拭けねぇだけだ。

こんなことやってればきっと間違いなく
1:29:300のうちの1がくる。

昔の人の言い伝えが今まで残るって言うのは
それがいつの世にも当てはまる真実だからなんだよ。
残念だな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。