So-net無料ブログ作成

プレゼント [家事]

先日のさしくんの誕生日、いいもの貰った。

しおしお、まきろんから
TIGERの「スマートブレンダー」ってのを買ってもらった。
簡単に、食材をすりつぶしたり、粉々に混ぜたりするやつ。

ポタージュ系のスープや、手作りジュースにさっそく威力発揮。
結局、作るのはさしくんだが、凄く楽チンでしかも楽しい。

まだ数パターンしか試してないけど、もっといろいろ使えそうだ。
新しい発想に結びついて、ファンキーなメニューが出てきそう。

それともう一つ。
福島の父さん母さんから、お酒を貰った。
さしくん、「こっちで売ってない地酒を」なんてわがまま言ってしまった。
仁井田本家の自然酒(じねんしゅと読むらしい)
これがまたうまい事。
父さん曰く「甘口だからなぁ、どうかなぁ」とか心配のようだったが
全くその心配は無用で、さしくん的には、ああいう濃いのも好きだ。
「ぷっは~!のんだ~」って気がするよな。

レベル42になり、平均的にはもう半分以上のライフを使い切っているが
まだまだいい事はあるんだな。
がんばろう。

作ってもらう [家事]

昨日の夜と、その前の夜の
夕飯はしおしおが作ってくれた。

期末テストも終わり一段落し、家でごろごろしていると思ったら
ちょっとだけ手伝ってくれた。
5日は韓国風のスンドゥブチゲ
  あさり、とうふ、野菜、など具沢山で、ご飯もついた。
昨日6日は、西洋風なのか?
  アボガドとベーコンの炊き込みご飯と、豆乳、にんじん、たまねぎなどのスープ
  ハワイで買ってきたホットケーキミックスに豆腐を混ぜて、ブルーベリージャムを
  加えて甘くして揚げた、柔らかドーナツ。

なかなか思いつかないような組み合わせでした。
ゆうはんは、さしくんが担当することがほとんどで、毎日ネタをかんがえるのが
実は一番大変だった。
こういうのもありなんだなぁと、考えさせられたな。

さしくんだって、料理レシピみてアイディアをいただくことが多いが、
さすがにアボガドをご飯と一緒に炊くとは、みただけで却下してしまう。
ところが、こわいものしらずのしおしおは、そのままやってみたらしい。
しおしお的にはいまいちだったようだが、もうちょっと分量の比率を変えれば
かなりいい線いくと思った。

さしくんやまきろんが料理しているのを普段から見ているせいか
調味料や、具材の量を全く計らないな。
レシピ見ながら、雰囲気で作っているな。
よしよし。
大事なのは勘だ。

そうおもう。



 

買った [家事]

しばらく前のことだが、炊飯器を買い換えた。
前使ってたのは、3合炊きで、スイッチとタイマーが一つずつ付いている
これいじょう無いくらいにシンプルな奴だった。

これでも一応、タイマー炊飯できたし、水加減を変えれば
炊き込みご飯や、お粥も出来た。
タイマーセットした後、炊飯スイッチを押し忘れていると
タイマー保温となり、生煮えご飯も作ることが出来た。

これはもうさしくんが一人暮らし始めた頃の炊飯器で
しかも当時としても最安値レベルだった。単にご飯が炊ければいいというレベル。

ところがこいつが、時々サボるようになった。
はじめのうちは、さしくんが炊飯ボタンを押し忘れたんだろうとか
釜の裏にご飯粒やゴミが挟まってしまい、温度がうまく測れず
炊き損じているのだろうと、解釈していたが、
何度か繰り返すようになったし、まきろんも同じことをやっていたので、
どうやら人間側のミスではなくて、炊飯器側だろうと考えるようになった。

しかもこいつ、忘れた頃にこういういたずらを仕掛けてくるし
炊き込みご飯のときは、2回に1回の割合で、勝手に保温しているようになった。

さすがにこれだと、朝とかに勝手に保温やられると、もうアウトなので、
見切りをつけることにした。


炊飯器も買いに行くとピンからキリまであって、いろいろ悩むところだった。
でも、さしくんには明確な基準があったんだな。
1、釜の温度を測るところは(前のは中央の底にあったが、かなり出っ張っていた)
  できるだけ小さく、内側を拭いたりするのに邪魔にならないこと。
2、蒸気の抜ける穴は、取り外しやすく洗いやすい構造であること。
3、3合~5合炊きで充分
この3点。

これ以外はおまけ機能と考えることとすると、実は選ぶ余地は無かった。
最近のは蒸気を出さないとか、厚釜だとか、陶器釜だとか、おかずも一緒に出来ますだとか
いろいろとあり、そりゃ便利そうだったが、あっ、四角でスペース効率がいいとか、
余計な機能が増えると、2の蒸気穴が複雑怪奇になってしまい、洗いずらそう。
かといって、底辺レベルのだと、1が大胆に飛び出ていたりして、うんまくない。

そのなかで、かろうじて1品だけあったのが、展示品限りということで、
9000円くいらで3合炊き。上の1と2も満たしていて、そのほかは、普通にタイマー機能があるだけ。
前の釜と比べれば少し厚み上がるかな~程度。
モデルチェンジしてしまったので、在庫処分で半額だと。でもこれで充分。

満足して買って帰り、さっそく炊飯。
炊き上がる時間は、当然だが、あまり変らない。
しかし変わったのが味だった。
おんなじお米なのに炊飯器の違いで味が変った。
はっきりいって、うまくなった。

前は、米の銘柄を変えても、ほとんど違いは感じなかったんだけど
今度のはきっと、違いが判ることになるだろうな。

テレビでやっている、炊飯器のCMの意味がわかったような気がする。
意外とおくが深いのかも。






出来るようになった [家事]

やっとのこと。
餃子がきれいに包めるようになった。

今まで、何回作ってもうまく包めず、形の悪い塊になっていた。
皮を広げて、餡を中心に置いて、皮の縁に水をつけて
そのまま半分に折りたたんで、両側の皮をぴったりくっつけた後
片方だけ滑らせて、あの餃子独特の、ひだを作ろうとしていた。

でも、何気なくテレビ見てたら、右手人差し指を餡の上に乗せて
その人差し指と親指で皮にひだを作り、反対側の皮とくっつくけていた。
それを思い出してやってみると、なんと簡単に、あの餃子のひだが出来た。
な~んだこういうことだったのか。

なんだか目からうろこが落ちた瞬間だった。
作るのが楽しくてしょうがない。
ひだが簡単に作れるようになると、今度は美しさまで気にしてしまう。
餡をパンパンに詰めてみたり、チーズ入れてみたり。


あまりにもうまく包めないので、最近はシュウマイばっかり作ってたが
これからは、餃子も復活だな。

おでん風 [家事]

ねぎ鍋です。
2~3人前って書いてあった、練り物セットに
大根半分と、下仁田ネギ2本を加えて鍋にする。

練り物セットについていた汁を使ったら、しょっぱくなってしまった。
しいたけと、鰹節でだしをとり、しょうゆとみりんと胡椒と塩で
なんとなく仕上げるほうがよかったな。

でもまぁ、練り物セットから、うまみが染み出してきて
それなりにまとまったようなので、良しとしよう。

しおしおがバレエから帰ってきたら、食べるのだ。
500円の白ワインなんぞ買ってしまった。
何でこんなに安いんだ?

でもねぇ、ワインと、おでん風ネギ鍋って合うのかねぇ・・・

カリー [家事]

さぁて、これから買い物に出かけるお。
ギガントうますな、かりーにするお。

。。。

さ、それはさておき、本日の夕飯はカレーだな。
それは、近所のスーパーが99円市やってるからさ。
具はシーフードにしよう。どんなシーフードになることやら。

それと、胡椒。そして掃除用のコロコロも。
ここのところ、毎日最低5枚は転がしていた。昨日使い切ってしまい、
どうしても落ちつかない。
何気なく床のじゅうたんに手を当てたときに、小さい固いものが
指先に触れる。あ~~~、転がしたいいいい。

掃除機でも、ころころでも、異物が消えてなくなるのは同じだが、
無くなったものが何であったかを確認できる点が、ころころのいいところだ。
まぁ、しばらくほったらかしにしておいたところの、髪の毛や、どこかの毛と
埃と、プチプチした何かが、合わさったのは、見栄えは最悪だが、
とぉったど~~!という達成感は大きいな。

あっ、あとビールだ。


やっぱりフライパンだ [家事]

夜勤の時、会社で食べる朝食用としてそばを茹でて
もって行っている。
2人前(約200g)を茹で、よく水を切ったら、
二つのビニル袋に分ける。
食べる時は、麺をレンジで暖めて、別に用意したつゆに
放り込めば、ひとまず完成だ。そこらのカップ麺なんかより
よっぽどコシがあって、つるつるで、風味がいい。

これ用の麺をゆでるときもそうだけど、
スパゲッチーだったり、うどんの時も
「乾麺」をゆでるには、フライパンがいい。

どの麺の袋にも「たっぷりのお湯で・・・」
なんて書いてあるので、深底の鍋を使おうとするが、
これだと必ず、ふきこぼれを覚悟しなくてはならない。
ふきこぼれを恐れ、火力を弱くすると今度は、麺同士が
くっついてしまう。くっついたところは、
ひの通りが遅いので、硬いまま茹で上がる。

ところがフライパンだと、
火力を弱めても、面積が広いので麺はくっつかず、
菜ばしで、ゆるーく面倒みてあげるだけで充分。
そして、ゆでるために必要な水の量が
少なくて済むということも重要だ。

30センチのフライパンで、200gちょっとの
麺をゆでるのに、1リットルの水で充分だ。
沸くのが早いし、無駄も少ない。
使い終わって洗うのも、深底のでかい鍋からくらべたら
ずいぶんと簡単に片付けられるし。

いい事尽くめだ

最近どうした [家事]

ここ数日、細かく更新してるが、どういう風の吹き回しか。

しおしおや、まきろんに相手にされなくなり
ネット世界に逃避したか?

いやいや、それどころか、仕事切られてお暇なのか?

いいえ、そんなことはありません。
しおしおも一応は反抗期らしいが、普通に会話するし、冗談も言う。
仕事が無くなった訳でもない。ただ、まきろんの仕事は
忙しそうで、きつそうで、イライラしがちだ。
でもまぁ、総じて身の回りは平和だな。

・・なのだがここ数年、資格試験に合格していないので、
今年こそは何か一つくらい受かりたいと思ってな。
そのための勉強時間をどうやって確保するか。

こうやって、ブログを書いている時間は、いわゆる
空き時間なんだな。
だったら今!、勉強すればいいじゃないか、こんなの書かずに。

まぁ、そういっても、目指す試験は毎年、秋に1回だけ。
覚え始めるには早すぎる。記憶力の弱いさしくんでは
秋までには、すっかりクリアされてしまう。半年がいいとこかな。

それまでの間とりあえず、時間のタイミングだけ、
体が覚えるように、この時間に更新するようにしてみようかな。


目覚めてしまったようだ [家事]

とうとう、しおしおがファッションに興味を持つようになった。
まぁ・・なぁ。
中学生だからな、当然といえば当然なのだが。

ジーパンにダウンジャケットではダメらしい。
いろいろと飾りのついた、変ったデザインの
洋服が増えて、洗濯するのが大変だ。

以前、色分けしただけで、あとは何でもかんでも一緒に
洗ってたら、しおしおの毛糸製品が一発で縮んでしまい
えらく怒られたことがあるので、最近は注意しているんだ。

洗濯用のタグを一つ一つ確認しながら、そして同じようなものを
ある程度まとめて、分けて洗う。
あぁ・・めんどくさ。

でもなぁ。順番に消化していかないと、さしくんのパンツが洗えないんだな。
こないだ数えたら、4枚しかなかった。穴が開いたり、ゴムが伸びたりで
チョコチョコ捨ててたんだな。

白物、色柄物、毛糸物、敷布などの大物。
さて今日はどれからやっつけるかな。

もうそろそろキツイか [家事]

食器を水だけで洗うのはそろそろ限界かもしれない。
ガス代節約のためと思い、今までそうしてきたが、
水温の低下により、かなり厳しくなってきた。

一応3段階で洗うのだが・・・
1、食器に付着しているものを、ざっと洗い流す。
  固形物が残っていなければOKとする。
2、スポンジに洗剤をつけて、油分の分解と
  どうしても流しきれなかった、固形物を除去。
3、水で洗剤を流す。

ここで、1の段階だと、ざっと擦るだけなので、ここの食器に対しては
短時間だし、溜め水でもいいので、水温はあまり影響しない。
2の段階は水を使わないので関係ない。

やはり最後は、きれいに流したいので、一つ一つ手ですすぎながら
当然流水で行うので、水温の低下は、かなりこたえる。
手がだんだん、白っぽくなってくるし、動きが鈍くなる。
そうだなぁ、早春の頃、山奥の渓流へ釣りに行って、餌探しのため
川の水に手を突っ込んで底石をひっくり返している感じだ。
かっこうのいい餌が取れないと、かなり時間を要して、
手先が全く言うことを聞かなくなるもんだ。それに似ている。

いやいや、お湯が出ないわけじゃないんだ。
ただ、ガス代がもったいないなと思うだけだ。

・・・でーも、、そろそろだめかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。